2010年 10月 29日 ( 1 )

本焼

今日は予定通り早朝から本焼でした。
毎月最低素焼3回、本焼3回は行っていますが、本焼では1200℃以上の高温焼成なので気が抜けません。常に炎の色や炎の立ち上がりの様子を見なくてはならないし、前の日から天気予報を見て、天気、気温、風の向き、強さを分析しなくてはなりません。毎回同じ温度で火止めをしても焼きあがりの雰囲気が違ってくるからです。一定の雰囲気に焼き上げるのは大変な技です。こんなに自分を懸命にさせるのも、早く良いものをお客様や生徒さんに使っていただきたい一心からなんでしょうね(照笑)

日頃から過酷な焼成に耐えて頑張っている窯に感謝したいと思います。何度窯を焚いても窯出しは前日から期待と不安でドキドキです。失敗から成功が生まれるもので、明日も窯出しでたくさんの課題を与えてくれると思います。窯さん、ありがとう!!
(↓本焼を終えた窯。器が外に出る時を待っています)
d0165550_2238026.jpg

[PR]
by fujiwaratoubou | 2010-10-29 22:42 | 陶芸 | Comments(0)